ホームレスであれば、生活保護の条件を満たしている部分が多いので、誰でも受けられるような気がしますよね? しかし、実際はホームレスだと生活保護を受けることが難しいです。 確かにホームレスの場合は、財産や資産はありませんし、頼れる家族や親類もいないでしょう。 また、生活が既に困窮している状態なので、一見すぐに生活保護を受けられるような気がします。 ただ、ホームレスにはある問題があります。 それは住居の問題です。 ホームレスの場合、住居が定まっていないため、生活保護法を適用できないのです。 決まった居住地があれば受けることができますが、公園や車内というのは居住地として認められないので、生活保護を受けることができません。 そのため、ホームレスの人たちはなかなか今の生活から抜け出すことができないのでしょう。 ホームレスの人が生活保護を受けるには、まず自立支援センターなどに入り、ホームレスという状況から抜け出す必要があります。 そこで生活することができれば、生活保護を受けることができるかもしれません。